▼SCROLL▼

閉校の日

2017.3.30
カテゴリ: 日々写真
 

僕の母校でもある、
山口小学校が閉校する事になってしまいました。

小学生の頃は親の転勤もあって、
合計3つの小学校に通いましたが、
山口小学校は、その中でも3年生から6年生で卒業までという、
最も長い時間、そして一番深く記憶に残っている小学校でした。

ちなみに「山口」という名前に、いっさい名前負けしない
緑に覆われた、山のてっぺんに建ってる小学校です。

今、改めて考えてみても、
通った3つの小学校の中では、
相当に毛並みの違う、風変わりな小学校だったと思います。

そんな、山口小学校の象徴的な場所が「愛鳥の森」

看板にも書いてあります。
どんな処かというと。

まんま森です。
小学校の遊びスペースが、リアル森だった小学校は私の経験ではここだけでした。
学校の授業方針的にも、
結構いい感じに尖った素敵な小学校でした。

勿論、モグラだって潜り放題です。
そこらじゅうが穴だらけになっていました。

もはや、獣だって隠れていません。

しかも全く逃げる気なんてありません。


・・
・・・
・・

校庭の様子は正直、

タイムスリップしたのかな?

と錯覚する位、昔のまんまでした。

十数年前にはすでに空いていた、
フェンスの穴。

十数年前にはすでに設置されていた、
タイヤの跳び箱。
勿論カラーリングも当時のまんま。

ジャングルジムも
当時のデザインを完璧に再現。

面白いくらい当時のままの遊具たち。

逆上がりが出来ないちびっ子を優しくフォローしてくれる「逆上がり補助器」だけが、
我々がちびっ子だった時代には存在しなかった物でしたが・・。

当時と全く違わぬトーテムポール。
上から2番目の絵は「忍者ハットリくん」かな?って
小学校時代の僕が思っていた事を覚えている位、見覚えがありました。


・・
・・・
・・

本当、変わらな過ぎて驚きながら校舎の中へ。

まったく違和感なく、当時そのままの姿でした。

6年生の教室には、「卒業おめでとう」が華やかに彩られていました。

卒業生にとっても当然最後ですが、
5年生以下の在校生の子供たちにとっても最後の日なんだと思うと、
少し物寂しい気持ちになりました。

職員室がある1階通路は少し暗かったなと、
記憶のままの景色が広がっていました。

この通路にはあまり良い記憶が残っていませんでした。

給食で嫌いな食べ物を食べきれず放課後(5時くらい)まで残ってどうにか食べきり、
食器を返しにこの通路をトボトボ歩いた記憶。

愛鳥の森で転倒して顔面を真っ赤に染める割と大けがをして、
フラフラと保健室に行くために、この通路をトボトボ歩いた記憶。

何故かネガティブな記憶しか残ってないから不思議ですね。
多分、この独特な通路の暗さが、当時の僕は苦手だったんだろうなぁって思います。

少し感傷に浸りながら過ごす、
母校での最後の一日でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です